スポンサーサイト

>>最新情報はこちら<<

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保健とは:メタボリック対策にはメタボリックシンドロ...

>>最新情報はこちら<<

メタボリック対策にはメタボリックシンドロームに着目した健診や保健指導が不可欠である。
現在、
生活習慣病の患者さんやその予備群が増加しており、
生活習慣病が死亡原因の約6割、
国民医療費の約3割を占めている。
このため生活習慣病の予防、
特に、
健診による予備群の早期発見と保健指導の徹底が重要と見られている。
メタボリックシンドロームは内臓脂肪肥満が生活習慣病の共通の要因となっていることから、
厚生労働省は、
平成20年4月から医療保険者において40歳以上を対象にメタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導を行うこととしている。
これにより、
平成27年度には平成20年に比べて糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を25%減少させることを目標としている。
メタボリックシンドロームは過食、
飽食などの食生活、
運動不足などの長年の不健康な生活の蓄積が背景にあることは間違いのない事実であると思われます。
皮肉にも、
便利で豊かになった生活が不健康な生活習慣だった場合には、
命を脅かしかねない病気の温床となっている。
最近は、
内臓脂肪蓄積肥満の若年化も懸念されている。
メタボリック対策は子供から大人までの全世代に渡って、
気をつけていかねばならない、
最優先課題といえるでしょう。
年齢を問わず日ごろからの健康管理に気を配ることが大切である。


【土・日曜日に書く】論説委員・皿木喜久 「無私」を忘れた政治家たち
産経新聞
参院選で大敗した後、自民党内から「お友達内閣」と批判、「挙党体制」を求める声が起きた。しかし、これもひと皮めくれば「派閥均衡」であり、「ポストを分配せよ」にすぎない。 参院選大敗という「危機」の中でさえ、自民党議員の最大の関心事は人事だった。 ...(続きを読む)



楽してやせられるダイエット情報がいっぱい!INFOTOP

スポンサーサイト

2007年09月13日 ダイエットやめた日記 トラックバック:0 コメント:0

<< エヴァンゲリオン | ダイエットにはもう飽きたTOP | EVA >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。